新着情報

10月25日  HKB48シーズン3「M101」「スイートポテト」追加しました
10月22日  10/25~28に行われる、授業公開 時間割(10/25~28)
        掲載します。
10月22日  HKB48シーズン3「
リタイヤ」追加しました
10月22日  日々の出来事に「むかわ町地域おこし協力隊 講演会」を
        追加しました
10月18日  日々の出来事に「地学基礎で地域を学ぶ」を追加しました
10月15日  日々の出来事に「後期避難訓練」を追加しました
10月14日  日々の出来事に「第2学年インターンシップ」を追加しました
10月11日  日々の出来事に「3学年探究成果報告会」を追加しました。
10月 8日  HKB48シーズン3「十人十色」・
花束追加しました
                       日々の出来事に「交通安全教室」を追加しました
10月 7日  日々の出来事に「音楽Ⅰ・社会と情報コラボレーション発表会
        を追加しました
 9月30日  日々の出来事に「探究連携会議(3)」を追加しました。
 9月28日  日々の出来事に「サイエンス連携事業」を追加しました。
                          日々の出来事に「3学年の探究」を追加しました。
 9月23日  道徳教育に関する公開授業・研究協議会のお知らせを掲載しました。
 

日々の出来事

日々の出来事
12345
2021/10/22

むかわ町地域おこし協力おこし隊 講演会

| by Netcommons管理者
 10月20日(水)5・6校時にむかわ町地域おこし協力隊3名による講演会が実施されました。

両角創平様・梓美様ご夫妻の世界一周の旅、村井エリカ様の生まれ育った南米での生活についてご講演頂きました。

 バックパック(約25kg)を背負ったり、バックパックの中に入っている旅行グッズを手に取ったり、ハンモックに入ってみたりと初めて経験する生徒も多く、貴重な体験をさせて頂きました。

 私たちが暮らす穂別と世界各国の生活の違いについてたくさんの興味深いお話を聞かせて頂きありがとうございました。今後の進路活動に役立てていきます!




07:56
2021/10/18

地学基礎で地域を学ぶ

| by 情報処理委員会

 3年生の地学基礎では、むかわ町穂別の特色を学ぶ実験実習を多く取り入れています。

 
火山分野の授業では、地元樽前山の火山灰に含まれる鉱物を観察し、マグマの成分と火山体の形について考察しています。
 
 また、火成岩、堆積岩、変成岩の授業では実際に岩石薄片を偏光顕微鏡で観察し、岩石の分類や成り立ちについて学んでいます。生物顕微鏡も岩石顕微鏡も一人一台あたる高校はなかなかないと思います。
 穂別はKamuysaurus を初めとする古生物産業での町おこしを図っていますが、圧力変成の変成岩形成も好条件な地域になります。地域おこしの観光資源に使えないでしょうか。
 地震、火山、岩石、地球史と地域に焦点を当てて地学基礎の授業を行っていました。そのまとめとして、11月12日には穂別博物館の櫻井様にご来校いただき、出前授業を行ってもらう予定です。 
15:13
2021/10/15

後期避難訓練

| by 情報処理委員会
10月15日(金)6校時、避難訓練が行われました。今回は事前に連絡を行わず、抜き打ちで実施されました。その中でも生徒達は緊張感を持ちつつ、静粛かつ迅速に避難していました。その後、各クラス代表生徒が北海道消防機材職員の方の指示のもと、避難袋による訓練が行われました。改めて、非常時の適切な行動や心構えを正しく身に付けることの大切さを学びました。

   



16:34
2021/10/14

2学年インターンシップ実施

| by 情報処理委員会
 10月12日(火)~14日(木)に2学年のインターンシップを実施しました。町内企業の方々のご協力により、今年度も無事実施できました。新型コロナウィルス感染症の影響を受け、活動に制限のある中で、生徒を暖かく迎えて頂いたことに本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。3日間の経験で『働くこと』のきっかけや魅力を教えて頂いたことで、生徒の進路意識がより一層高まりました。今後も、様々な活動にご協力を頂きながら、2年生も育っていけたらと考えています。穂別の皆様のご協力でインターンシップを無事終了できましたことを報告します。
 
 
 

16:21
2021/10/11

3学年探究成果報告会

| by 情報処理委員会
 10月7日(木)に穂別町民センターにて3学年総合的な探究の時間成果報告会を実施しました。むかわ町教育委員会教育長の長谷川様、穂別総合支所長斉藤様、穂別高校PTA会長原口様、JAとまこま広域農業組合穂別支所長今野様など、約30名の方に本校生徒の意見提示を聞いていただきました。お忙しい中、足を運んでいたき本当にありがとうございます。
 
 
17:07
2021/10/08

交通安全教室(3学年)

| by 情報処理委員会
  8日、三年生10名が富川自動車学校様へお邪魔して、交通安全教室に参加してきました。  
 交通事故の実態やAEDの操作方法に始まり、内輪差実験や夜間の視認性体験など盛り沢山の内容に、生徒は真剣に取り組んでいました。
 今回参加して「これから免許を取得するのにためになった」、「車はもちろん、自転車に乗る際や、歩行者も、みんなで交通ルールを守るのが大事だと改めて思った」との感想を伝えてくれた生徒もおり、今後の将来に役立てて欲しいと思います。
      
    
        

                                                                                                 

16:34
2021/10/07

音楽Ⅰ&社会と情報コラボレーション発表会

| by 情報処理委員会

107日4時間目、「音楽Ⅰ」と「社会と情報」のコラボレーション発表会ということで、一年生が作曲家の生涯について発表を行いました。

ヴィヴァルディからシューベルトまで時代を追いながら、それぞれが担当した作曲家の①生涯、②エピソード、③作風、④おすすめ代表曲についてパワーポイントを使って発表。イラストや写真、アニメーションを使った充実した内容となっていました。

「社会と情報」は今回の発表を相互評価し、「音楽Ⅰ」はこのあと発表をもとにした筆記試験を行います。

         
                                                         

10:33
2021/09/30

地域探究連携会議(3)

| by 情報処理委員会

 9月29日(水)3学年の総合的な探究の時間に「穂別×メロン」を探究テーマとし、4種類の試作プリンを作った原田さんが地元企業に持ち込んでアドバイスをいただきました。穂別の洋菓子店である正栄堂菓子舗様に試作プリンを持ち込み、プロの視点から改善点をご教授いただきました。

 店主の鎌田様からは「メロンとスイーツを上手く組み合わせるのは難しい。よく試作まで持って行った」とお褒めの言葉と「焼き方や成分割合については研究が必要。また、商品化に向けてコスト意識も必要」との指摘をいただきました。そのアドバイスを受けて原田さんは「大変貴重な経験をさせていただいて感謝しています。残り1週間で変えられるところは変えてみたいし、今日のインタビュー結果をまとめて後輩に研究を引き継いで貰いたい」とコメントしていました。

 
  また、「穂別×エゾシカ」で探究を進めている外舘くんは北海道エゾシカ協会の渡辺様にメールで指導を受け、エゾシカの利活用について探究を進めています。
 
本校の探究活動にご協力いただいた企業・団体の皆様、本当にありがとうございました。
13:02
2021/09/28

3学年の探究

| by 情報処理委員会

 9月28日(火)3学年の総合的な探究の時間も大詰め。3年生で公務員を目指している原田さんは「穂別×メロン」という探究課題で調査を進めてきました。その結論として、「穂別メロンプリン」のレシピ考案に挑戦することにしました。

 苦みの成分となってしまうククルピタシンをなんとか調理で克服できないか。4種類の調理法を考案し、実際に実験してみることに。比較・研究しながら試行錯誤を目指します。

 作成したプリンを地元の洋菓子店に持って行き、感想を頂くという活動もしてみたいそうです。また、プリンの形「穂別らしさ」にこだわれないかと探究を進めています。ハネメロンを観光リソースの要にできないか。なかなか鋭い視点だと思います。
 

調理実習を担当した教務部長の石井京子教諭は「生徒が自主的にレシピを考案し、比較検討していてすばらしい」と述べていました。
また、「穂別×鹿」という探究課題を設定した3年生の外舘くんは、「鹿肉の成分はプロテインに最適。商品化できるか聞いてみたい」と北海道大学農学部の教授に電話で直撃取材をするとのことです。
外部の人に自ら関わりを求め、道を切り拓いていく3年生に、たくましさを感じた1日でした。

 


 


19:49
2021/09/28

サイエンス連携事業

| by 情報処理委員会

 9月末に「穂別高・鵡川高・むかわ町サイエンス連携事業」を行う予定でしたが、緊急事態宣言が延長されたため中止になっていました。しかし、穂別高理系進学グループのリーダー3年原口竜治君からの強い要望と尽力があり、規模を縮小して9月23日に「穂別高・むかわ町サイエンス連携事業」が実施されました。

 むかわ町が管理するシュッタノ沢にて穂別博物館の櫻井様と吉川様を講師にお招きし、化石発掘巡検を実施しました。将来、地域経済を観光で支える方策について学ぶために商学部を目指している2年岩田くんは「自分で化石を見つけられたときの感動がすごい。この感動を観光資源として扱えないか」と考えていました。
 

 巡検終了後は穂別博物館にてクリーニング作業の体験をし、最後にkamuysaurus japonicusの実物化石を見せていただきました。
 

  本企画の実現に尽力した3年原口君は「コロナ禍で大変な中、地域の高校生に学びの機会を与えてくれたことに感謝しきれない。大学進学後も穂別の化石の魅力を多くの人たちに広めていきたい」とポートフォリオにまとめていました。


19:02
12345

学校からのお知らせ(9月3日更新)

9月 3日
進路相談員だより第3号です。
 進路だより第3号.pdf

8月17日
北海道警察からネット使用に関するお知らせです。
 04CyberSecurityInformation_2021_Vol3 (肖像権侵害) _s.pdf

6月14日
「SNSを用いた相談窓口」の案内です。
  
SNSを用いた相談窓口.pdf

5月17日
 一人で悩まないで!・・・北海道には様々な高校生向けの相談機関が準備されています。
 主な相談窓口一覧.pdf  
 子ども相談支援センターの相談窓口.pdf

学校の働き方改革に向けて、ご協力を!
勤務時間外の電話対応の取り組み.pdf
 

(  )学年の生徒へ(重要 かならず確認してください)

現在記載すべき重要な連絡事項はありません